CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)のハーフソール修理

傷の修復とハーフソール交換

BEFORE

AFTER

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)の紳士靴修理です。
CROCKETT&JONESは、1879年にイギリス・ノーゾンプトンにて誕生したブランドです。
伝統を受け継ぐ職人の手によって作られた、高いデザイン性とクオリティを持った靴は、
創業当時から現在に至るまで大きな特徴となっています。

今回お持ちになられたお客様の靴は、左のアッパー部分、つま先部分に傷があり、
靴底にもダメージがございました。

靴を長年使用していると、傷やダメージが出てくるのは避けようのない問題です。
今回の作業は傷の修復およびハーフソール交換となります。

BEFORE

AFTER

丁寧な作業で傷の修復を

まずは傷の修復を行います。
サンドペーパーで擦って、傷を慣らしていきます。

ある程度まで傷口が平らになったら、SAPHIR(サフィール)のレザーバームローションを使い、靴に栄養を与えます。
その後靴と同じ色であるSAPHIRの靴クリーム クレム1925の黒を使い、色合いを修復していきます。

SAPHIRはフランスで誕生したシューケア用品の伝統的なブランドです。
高品質なケア用品を多数取り扱っているため、数多くの高級靴ブランドでも使用されています。

BEFORE

AFTER

ハーフソールにはVibramを

修理前の靴を見ると、靴底部分にダメージが見られます。
毎日靴を使用している場合、靴底が擦り減ってしまうのは仕方がありません。

今回ハーフソールの交換に使用したのはVibram SIMONソール 2mm厚です。
Vibramは、ソールを専門としているイタリアのブランドです。
豊富な種類のソールを出しているため、目的に合わせて選択することが可能です。

今回選んだSIMONソールの特徴は、何といっても耐久性の強さ。
擦り減りにくいタイプのソールなので、長時間靴を使用する場合でも安心です。

交換の際には、左右対称になるようにすること、ソールと靴底に突っかかりが無く凹凸がないようにすることに 注意いたしました。
また、張り付けるハーフソールと靴底、コバ周りに隙間が無いように接着するのも重要なポイントです。

つま先に傷があったため、滑らかなラウンドトゥに整形して修理完了です。

BEFORE

AFTER

靴の表面や靴底のダメージが気になるときは、 ぜひ一度当店まで靴をお持ちになってください。
お客様の靴に合わせた修理をさせていただきます。

修理 担当店舗 - 大阪 難波戎橋店
〒542-0076 大阪市中央区難波1-5-13

  • ハーフソール修理 / 3,400円
  • 傷・色の修復 / 1,200円
  • 作業時間 【約30分】