婦人靴(パンプスヒール)の修理

ヒール交換とハーフソール交換

BEFORE

AFTER

本日はパンプスヒールの修理です。

パンプスヒールは、婦人靴修理の中でも最も多いタイプの靴であり、
かかと部分の擦り減りが問題となることが多いです。

こちらの靴はヒールの丈が非常に短くなっていましたので、ピンヒールを取り換えることにいたしました。
また、ハーフソールも擦り減っているご様子でしたので、張替えも行います。

BEFORE

AFTER

ヒールの修理にはボルトカップを2枚重ねて

今回修理を行うパンプスヒールは、
非常に履き古しているご様子で、ヒールの丈が非常に短くなっていました。

このままの状態でピンヒールを交換すると長さが足りなくなるため、
変則的な修理となりますが、TOPYのボルトカップを2枚重ねて、
バランスを調整することにいたしました。

2枚重ねることにより、かかと部分が浮くことがなくなり、
安定したヒール底になります。

BEFORE

AFTER

ハーフソールにもTOPYを

つまさき部分のハーフソールの交換には、
かかと部分と同じ、TOPY社のハーフソールF2、ダークブラウンを
使用させていただきました。

つまさき部分とかかと部分に使用する部材のメーカーや製造国を合わせることによって、
修理後の違和感をなくすことができます。

今回使用したハーフソールは滑りにくい仕様となっており、
ビル内などのツルツルとした床の上でも安心して使用することができます。

上記の修理の他には、全体的に汚れているようでしたので、
クリーニングをさせていただきました。
今回のパンプスヒールはアッパー部分がスエードのため、
スエードに特有のクリーニングをいたしました。

靴修理レスキューでは、お客様がお持ちになった靴に合わせて、
最適な修理をいたします。
もし、靴のことでお困りでしたら、いつでもご相談ください。

修理 担当店舗 - 東京 有楽町店
〒100-0006 東京都 千代田区 有楽町 2-9-18

  • かかと交換 トピ ボルカ / 1,600円
  • ハーフソール トピ F2 / 3,000円
  • 作業時間 【約30分】