HERMES/エルメス

BEFORE

AFTER

今回は、エルメス・アンテルナショナル社の代表ブランド、HERMES/エルメスをお預かりしています。
しっかりとした素材・女性を虜にするデザインで人気のブランドです。

トップリフトの消耗が激しく、歩きやすさにも影響する程まで削れていました。
ソールも削れていたので、ハーフソール・トップリフト交換を行い、仕上げに補色を行います。

BEFORE

AFTER

1.イタリア靴にはイタリア製の部材を使用します

エルメスはイタリア製の靴なので、イタリア製であるビブラムの部材を使用しました。
ビブラムは耐久性が高く、修理後は長く履き続けることができます。

BEFORE

AFTER

表面を平らに削り、凹凸なくハーフソールを貼ります。
コバ周りを丁寧に整え、ソールとハーフソール部材に違和感のない一体感のある靴へと仕上げています。

BEFORE

AFTER

2.統一した部材でバランスよく削ります。

トップリフトの寿命は限界に近く、これ以上履き続けるとヒールブロック・巻革まで傷つけてしまいます。
3本の化粧釘を取り外し、ハーフソール同様、ビブラム社のトップリフトを使用しました。

仕上げに化粧釘を2本使用し、靴デザインとのバランスを保たせつつ、耐久性も高めています。
また、耐久を高めるだけでなく釘の音で交換のタイミングを知らせてくれる役割もあるため、
今回のようにギリギリなラインまで履き続ける心配もありません。

BEFORE

AFTER

仕上げとして補色・磨きでの、汚れや色落ち対策をご提案させていただきました。
オリジナルの色と輝きを取戻し、新品の靴を履くような仕上がりになっています。

靴の傷つき度合いによって修理料金も変わってくることがありますので、早めの交換を
心がけることで、綺麗にいつまでも履き続けることができます。