自分でかんたん 革靴,ブーツの傷補修|全国宅配 靴修理レスキュー

header14.jpg

この記事では、革靴のつま先にできてしまった傷を修理する方法を紹介する。

階段などで擦ってできた擦り傷や、物にぶつけて抉れた削れも、市販のアイテムでかんたんに美しく修復することができる。

多くの靴屋でも実際に行われている修理法なので、ぜひ習得して頂き、ご自身で靴の傷を補修できるようになって頂きたい。

つま先の傷 種類と説明

column14-1.jpg

column14-2.jpg

今回はつま先の傷のうち、特に「擦り傷」と「削れ」にフォーカスを当てている。その他の傷に関しては、バックナンバーを参照されたい。

自宅でかんたんメンテへ移動

擦り傷

column14-3.jpg

階段や物角に擦ってしまい、銀面に傷が出来ている状態。

傷は浅く広範囲に及び、線が何本も走っている。

擦り傷の補修へ進む

削れ・えぐれ

column14-4.jpg

石などで削ってしまい、網状層にまで傷が達している状態。傷がとても深いため網状層が露出し表面と色が違う。

削れの補修へ進む

つま先の擦り傷補修

column14-16.jpg

column14-5.jpg

擦り傷の補修法を紹介する。

傷全体を整えた後、補修クリームで覆って補修する。広範囲に及ぶ傷や深い傷でも美しく修復できる。

擦り傷補修に使用するアイテム

column14-6.jpg

column14-7-1.jpg

傷やその補修跡を馴らすのに使用する。市販されている#400を使用する。

column14-7-2.jpg

塗って乾かすだけで、傷を埋められえる便利な補修材。メーカーによる違いはさほど大きくはない。色選びについては工程の中で説明する。

擦り傷補修の方法 全3ステップ

擦り傷補修ステップ1 傷跡を整え滑らかにする

column14-8.jpg

column14-9.jpg

傷口が滑らかになるよう、やすりをかける。傷が深い場合は、網状層が見えるまで削いでも構わない。

column14-10.jpg

擦り傷補修ステップ2 補修クリームで傷跡を埋める

column14-11.jpg

column14-12.jpg

補修クリームを指に取り、靴に乗せてゆく。伸ばすと必ずムラができるので、トントンと叩きながら指についたクリームを移してゆく。

column14-13.jpg

クリームの薄い層が、傷一帯をカバーしたら、完全に乾燥するまで待つ。

クリームは複数色混ぜて、靴色になるべく近くなるよう調合する。なぜなら、市販の色だけでは、靴色に合わず跡が目立つからだ。乾くと暗くなるのでほんの少し明るめに調合すると良い。

擦り傷補修ステップ3 補修跡を周囲に馴染ませる

column14-14.jpg

column14-15.jpg

全体に馴染むように、傷周辺にやすりをかけてゆく。全体がなだらかになり、ギザギザしなくなったら終了のサイン。

column14-16.jpg

もう一度擦り傷修理について見る

擦り傷補修完了 失敗したときの対処法

column14-16.5.jpg

広範囲の傷をしっかりカバーすることができるが、万が一補修跡が目立ってしまうようなら、クレムやポリッシュを施すと、周囲に馴染むようになる。

追加補修について詳しく見る

つま先の削れ・えぐれの補修

column14-29.jpg

column14-17.jpg

削れの修理法を紹介する。

傷跡を補修クリームで埋めた後、周囲に馴染ませまる補修法。

クリームを塗りこむだけで、深い傷でも美しく直すことができる。

削れ補修に使用するアイテム

column14-18.jpg

column14-7-1.jpg

どこでも手に入る紙やすり。#400程を使用する。

column14-7-2.jpg

塗って乾かすだけの補修材。ちょっとした傷を修復するのにも便利。

column14-7-3.jpg

普段のメンテナンスにも重用するマストアイテム。革の調子を整え補色するクリーム。ビン1つで少なくとも数カ月は使用できる。

column14-7-4.jpg

張りの強い毛質が、クリームを伸ばすのに適している。こちらもメンテナンスの必需品。修理以外でも頻繁に使うため持っていて損は無い。

削れ補修の方法 全3ステップ

削れ補修ステップ1 補修クリームで傷を埋める

column14-19.jpg

column14-20.jpg

伸ばすと必ずムラが生じるので、補修クリームを指にとりトントンと軽く叩きながら傷跡に乗せてゆく。

クリームは豊富なカラーバリエーションがあるが、色が合わないと補修跡が浮いてしまう。したがって、靴色に近い色を選ぶよりも、複数色混ぜて靴色とほぼ同じ色を表現する方が良い。

column14-21.jpg

クリームは周囲より少しに盛り上がる程度まで乗せ、完全に乾くのを待つ。

column14-22.jpg

削れ補修ステップ2 補修跡を周囲に馴染ませる

column14-23.jpg

column14-24.jpg

余分に乗った補修クリームをやすりで削り、補修跡を滑らかにする。こうすることで、傷をピッタリと埋められる。

column14-25.jpg

削れ補修ステップ3 レザークリームで風合いを慣らす

column14-26.jpg

column14-27.jpg

レザークリームを乗せて、豚毛ブラシで伸ばす。

色や質感が周囲と馴染み、修復跡が周りに溶け込む。

column14-28.jpg

column14-29.jpg

なお、加えて磨きを行うと一層美しく仕上げることができる。

追加補修について詳しく見る

もう一度削れ修理について見る

削れ補修完了 失敗したときの対処法

デコボコが出来てしまいニキビ跡のようになってしまったり、色が合わず浮いてしまっても心配ない。

クリーニングローション等で、補修クリームを落とし、うまく行くまで何回でもやり直せば良い。

column14-30.jpg

この記事のライター

mainimg_sp_マスターロックスミスの防犯コラム.jpg